外壁塗装で失敗しないためには施主の知識量が重要!知っていると賢くなれるミニ知識を解説

これから外壁塗装で失敗しないためには、どのような知識を知っておいた方が良いでしょうか。
基本的に、見積もりの金額等は客観的に明確にならないため、できれば他の会社と比較した方が良いです。
例えばお宅の住宅は見積もりした結果1,500,000円になりますと言われても、その料金が正しいのかどうか分かりません。
しかし3つ位の会社に同じような条件で見積もりを依頼すれば金額が分かるようになりますので、そのような比較の考え方は重要になります。

外壁塗装で失敗しないためには施主の知識量が重要!知っていると賢くなれるミニ知識を解説

外壁塗装をする時、いくつか注意をしておいた方が良いことがあります。
失敗しやすいのは、金額の問題かもしれません。
外壁塗装には決まった金額がなく、契約の前の段階で見積もりをするために外壁等を細かくチェックします。
そして見積書が出来上がりおおよその金額がわかるわけですが、ほとんどの人は詳しい事はよく知らない世界ですので、業者が出した金額が正しいのかよく解りません。
だからといって今から勉強しても時間がかかりすぎてしまいます。
それよりも、他の会社にも同じように見積もりをしてみるのが良いです。

業者や団体で異なる外壁塗装の保証システム

外壁塗装と呼ばれるものは、保証システムが存在するところが多いです。
この外壁塗装の保証システムとは会社や団体によりその内容が大きく異なりますので、単純に保障されているからといって安心する道は避けなければいけません。
例えば、その内容がかなり狭い場合つまりストライクゾーンが狭くほとんど適用されないような場合は契約の中に盛り込んでも意味がありません。
はっきり言えば、顧客の為を考えて行っているのではなく、単に契約が取りたいからそのような仕組みにしているだけです。
もちろん企業である以上は、利益を出すのが当然でありたくさんの契約を取ることが大事なのはわかります。
ですが、よくわかっていないお客さんを騙すような形で利益を出そうとするのは、やはり生き残りを考えたら難しいと言えるでしょう。
そのようなところは、決して契約を結んではいけません。
それらを踏まえた上で、より良い優れた会社選びをすることが重要であります。

外壁塗装前の高圧洗浄の必要性と水道代の目安

外壁塗装では、塗装作業に入る前に高圧洗浄で外壁に付着した汚れや旧塗膜などを洗い流す必要があります。
水のみでは落とせないコケや藻、カビなどが発生している場合は、特殊な洗浄剤を使うこともありますが、この作業を行わずに塗装作業を行うと塗料が上手く付着しなかったり、塗りムラが発生したりする可能性が高いです。
加えて、塗装後はキレイになったように見えても、短期間で塗膜が剥がれてしまうリスクもあります。
どれだけ高性能な塗料を使っていたとしても、本来の性能が発揮されないので、外壁塗装において高圧洗浄は欠かせない作業のひとつとなります。
また、洗浄時の水道代が気になるという方も少なくないでしょう。
どれだけの水を使うのかは住宅の規模によっても変わってきますが、1,000~2,000円ほどが目安です。
なお、コケなどが発生していて洗浄剤を使う場合、洗浄剤を塗布するときと、洗い流すときの2回の洗浄が必要になるため、水道代も倍の2,000~4,000円ほどかかります。

騙されやすい外壁塗装の営業マンによくあるトーク内容

これから外壁塗装をしようと考えている場合でも、セールスマンなどが外回りをしておりたまたまその時、その営業マンの話が良かったので契約をする言う事例は少なくありません。
もし本格的に契約をするとなれば、本当にその外壁塗装の営業マンのセールストークが正しいのか等は、客観的に見ておく必要があります。
具体的には、あまり依頼者に有利になるようなことばかり話すような人は信用できません。
もちろん徹底して、可能な限り依頼者にメリットを与えるような言い方をするかもしれませんので、多少有利になるようなことを発言するのは仕方がないことかもしれないわけです。
しかしながら、全くデメリットを説明するメリットばかりを説明するような人は、信用できないと言っているでしょう。
そのような場合は、すぐに契約をせずに他の会社などとよく支度した方が良いといえます。
結果的に、良いしっかりとした結果が出る可能性がありますのでその点をよく理解しておきましょう。

外壁塗装の際に足場が必要になる理由

外壁塗装は住宅の外壁はもちろん、外壁と屋根に繋がる部分や軒天井と呼ぶ部分など高所作業が必要になるリフォーム工事です。
梯子を使って作業することもできなくはないけれども、外壁全体が施工エリアになるのでその都度梯子を移動させながら高圧洗浄や外壁の補修、そして塗装を行うのは手間がかかりますし、第一に安全性への問題があるので塗装会社は梯子を使うのではなく作業性の向上および安全性の確保を目的に足場を設置するのが一般的です。
平屋などの住宅の場合も、屋根に近い部分になると地上からでは外壁塗装を行うことはできませんので住宅の周りに骨組みとなるパイプを設置、そこに作業者が歩くことができて高所でも立ったままで作業できる床材を取り付けます。
上下移動をするときにはより効率的に行う目的で階段を設置することもありますが、上下移動をスムーズに行うことができる環境はペンキや工具類などを持ち運ぶときにも便利ですし、何よりも作業者の安全を確保できるメリットへと繋げます。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装で失敗しないために

これから外壁塗装で失敗しないためには、どのような知識を知っておいた方が良いでしょうか。基本的に、見積もりの金額等は客観的に明確にならないため、できれば他の会社と比較した方が良いです。例えばお宅の住宅は見積もりした結果1,500,000円になりますと言われても、その料金が正しいのかどうか分かりません。しかし3つ位の会社に同じような条件で見積もりを依頼すれば金額が分かるようになりますので、そのような比較の考え方は重要になります。

Search